2014/07/27

思い出は美化される

激流育ちのたくましいスズキが釣りたくて、とろけそうなくらい暑い磯。


ほんの2、3投目、強い流れを捉えていたミノーのテンションが一瞬抜け、竿に魚の重量がのる。

どうやらスズキではなさそうな感じ。

偶然現場で居合わせた隣の名手に、それにしてもえらいよー引くチヌですわ~と。

すんなり寄せ、見せた姿はカンパチだったんです。

その後、二度ほど足元への突っ込みを堪えて波にのせてずりあげる。

 
 
釣れるとは聞いてはいましたが、まさか自分に釣れるだなんて!
 
 
ヒラスズキの竿でもあっさり上がるもんやねと高を括っていたら、同じくミノーでドスンともう一発!
 
皆さんご存知の、掛けた瞬間「あっ、これは無理かも。」って奴。
 
水圧がなかなかのもんで、一回反転されたら糸がじゃんじゃん出る。
 
騙し騙し寄せた後の何回目かのダッシュで、とうとうパン!っとラインブレイク。
 
 
この瞬間、僕の頭は沸点超え!
 
 
 
 
気付けば二日後、スズキの事はどこへやら、青物タックル片手に磯に立つ始末。
 
しかしこのハイ・ボルテージとは裏腹に、潮は流れず、海草だらけ。
 
 
それでも数時間辛抱すれば、ようやくいつもの様子を取り戻し、僕もいよいよ本調子!
 
 
走り出した潮はどんどん加速していく!
 
そして、流されながらも寡黙にポッピングを続けていたルアーにでっかい水柱!
 
 
一気に寄せて、ランディング!
 

 
 ぐつぐつ煮立った頭もとりあえず微熱程度に。
 
 
 やられた奴はもっと大きかったかもしれませんし、小さかったかもしれません。
 
 
 
ただ数年後、両手を目いっぱい広げた僕は唾を飛ばしながら、「僕なぁ、こんな畳二畳ほどある奴にやられたんや!ほんま機関車みたいな奴やったで!」
 
なんて言ってる事だけは確かでしょうね。
 
 
使用タックル
ブラックアロー110MH
青弓110H
アローヘッド140F、S
スプラッシュヘッド120、140
友人作のダイビングペンシル
 
 


2 件のコメント:

  1. 毎度です!

    ええのん釣ってはりますね~!
    「カンパチ美味しかった~!」って、とある方から聞きましたよ♪(^_^)v

    「釣りの話をする時は両手を縛っておけ」と開高健氏も言ってますよね~(笑)
    でもハゼくんの釣り話は色々と勉強になりそうです!

    返信削除
    返信
    1. たけまんさん
      どうもです!

      世間って狭いんですね~ 笑

      釣り人のこの手の話はどうしてもね 笑
      僕はほんとまだまだキャリアが浅くて上の世代の人たちの話を聞いてたら、そんな世界があるんか~!って毎回ドッキドキですよ。

      今週末波上がりそうですね!

      削除